不動産学部不動産学科

土地や建物は豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するための舞台です。

不動産学は住宅・マンション・オフィスビル・ショップ・土地の利用など、私たちの生活環境すべてを総合的に考えます。

これからの住まいや街は、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。

不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識・スキルが身につきます。欧米諸国で盛んな不動産学を学べるのは日本で唯一、明海大学だけです。

不動産学科の特色

1 目的に応じた3コースを設置

不動産の取引や制度、経営について学ぶビジネスコース、不動産の開発や投資に必要な鑑定・金融を学ぶファイナンスコース、建築デザインやまちづくり、管理を学ぶデザインコースがあります。

2 4年間一貫少人数ゼミで学生一人ひとりをサポート

1年次:不動産学基礎演習、2年次:不動産取引演習、3年次:不動産学研究、4年次:卒業論文と4年間一貫のゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3 特徴ある進級要件

2年次、3年次への進級要件として宅地建物取引士の資格取得を定めています。※そのため、1年次に取得できるようカリキュラムを編成し、試験合格をめざす科目や模擬試験などを充実させています。

※進級判定には学内試験を併用します。

4 不動産、建設業界のほか幅広い業種への就職

融資を行う金融機関、工場などの不動産を保有するメーカー、小売業や外食産業、都市計画を推進する地方公務員など、多様な業界で不動産の知識は必要とされており、卒業後の進路は多岐にわたります。

カリキュラム

ピックアップ科目

不動産管理演習

フィールドワークを取り入れて

マンション運営のすべてを多面的に理解する

 

マンションの管理を適正に行うための維持管理、資産価値向上、再生(長寿命化)などの方策について総合的に演習します。各種設備のしくみ、劣化診断の仕方を学び、コスト管理から長期修繕計画まで考えます。また、フィールドワークを取り入れ実在する高経年マンションを対象とした再生計画を立案します。

教員メッセージ

ようこそ。文・理系のフレームを超越した
柔軟性に富む学際的フィールドへ
 
前島 彩子 准教授

不動産学科の強みは、土地・建物に関わる法学、経済学、経営学、工学などの幅広い学問領域を横断的に学べる点。鑑定評価や資産設計の学びを深めることも、工学系の建築士をめざすこともできる多様な選択肢が用意されていることにあります。建築構法を教える私の授業では、実物を観察することにウエイトを置き、大学周辺に数多くある建設現場にも足を運び、建築構造論で示す内容を具体的にイメージできるように工夫しています。入学した学生に望むことは不動産の専門知識のみならず、物事を多角的に捉え、学生自身が課題を発見し、判断する能力を養ってほしい。卒業後は、例えば不動産の仲介・流通に携わりながら、デザインや設計の知見も提供できる付加価値の高いプロになってくれることを願っています。

在学生体験談

高校までとは異なる新鮮な学び
未知の「私」を発見できた喜び

本学科を選んだ理由は?

大学進学で悩んでいた時、不動産会社を営んでいる父に勧められ、明海大学に決めました。不動産学は高校までの勉強と違い、誰でもゼロから始められる新しい学問。建築や経済、法律など複数の領域にまたがり、専門性の高い分野まで幅広く知識を身につけられるのが魅力です。

 

明海大学で成長できたことは?

宅建士(宅地建物取引士)の授業や韓国での海外研修、不動産鑑定事務所でのインターンシップを通じて、さまざまなことにチャレンジする意欲が生まれ、自分の中の興味の幅が広がりました。今は不動産の経済価値を評価できる不動産鑑定士の資格取得をめざしています。

 

名古屋 瑠花 さん

不動産学部 不動産学科4

(東京都立 新宿山吹高等学校 出身)

資格

宅地建物取引士

不動産関連企業への就職時に有利になるだけでなく、不動産を扱う建設会社や銀行などの金融機関で働く場合にも活かせる資格として人気なのが宅地建物取引士(宅建士)です。宅建士は、土地や建物の売買などの際に必要となる国家資格で、合格率は毎年全受験者の16%前後です(2019年度は17.0%)。不動産学部では、1年次、遅くとも2年次までに宅建士の資格試験に合格することをめざし「不動産取引演習」などの必修授業や模擬試験などを実施し、夏には宅建夏季セミナーを行います。大学に併設されたオープンカレッジの宅建講座も受講でき、資格取得のサポートは万全です。

留学

留学先:イギリス ケンブリッジ大学
 
先進の不動産学に触れて開眼
国際水準の鑑定評価を考究する

成績優秀者には留学費用が免除される制度を利用して、不動産学の先進国イギリスへ。現地の3地区の都市開発のあり方に関する講義に加えて、グループに分かれ、フィールドワークも実施。日英の類似点と相違点を明らかにする研究は、短期間ながら有意義なものでした。事前に大学で現地の都市開発について、専門的な知識や情報をレクチャーしてもらえていたのも、学修内容を深いものにできた要因です。グローバル化に対応できる人材になるため、さらなる不動産留学に備えてIELTS(英語熟練度検定の1つ)対策を進めています。

 

蓜島 三弥 さん

不動産学部 不動産学科4

(千葉県立 野田中央高等学校 出身)

主な海外研修先(2019年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修先 期間 人数

費用概算( )内は自己負担額概算

ケンブリッジ大学

(イギリス)

10日間 4人

53万円(全額大学負担)

10人 53万円(36万円)

建国大学校ほか

(韓国)

7日間 5人

18万円(全額大学負担)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。

※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路

就職先:株式会社 東栄住宅
 
私の知らなかった「私のポイント」に
気づかせてくれた就職サポート

建設会社を経営している父に勧められた、宅地建物取引士の国家試験に1年次で合格。これをはずみにして就活に取り組み、建設・不動産業界に絞って3年次の夏休みに3社の1DAYインターンシップに参加しました。その中の施工管理技術職を募集している住宅メーカーで、実際の建築現場を見学したことで心が動かされ、応募して内定をいただきました。就活を応援してくれたのは、マンツーマンで模擬面接などの指導を受けられたキャリアサポートプログラム。気づいていなかった自らの長所について助言をいただくなど、勇気を与えてもらえました。大学での学びを早く社会で役立てたいです。

 

倉田 弥寿 さん

不動産学部 不動産学科 20203月卒業

(私立伊那西高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

アーネストワン、飯田産業、伊藤忠アーバンコミュニティ、茨城セキスイハイム、エイブル、オープンハウス、カチタス、木下工務店、共立測量登記事務所、共立メンテナンス、グランディハウス、ケイアイスター不動産、鴻池組、ジェイアール東海不動産、新昭和、新日本建設、スウェーデンハウス、スターツコーポレーション、住友不動産販売、住友林業ホームサービス、積水ハウス、積水ハウス不動産東京、大京穴吹不動産、大東建託、大和地所レジデンス、大和ハウス工業、タクトホーム、タマホーム、千葉興業銀行、東栄住宅、東急リバブル、東京建物不動産販売、土地情報センター、野村不動産アーバンネット、野村不動産パートナーズ、ハウスコム、ハウスドゥ、ハウスメイトグループ、福屋ホールディングス、北都銀行、ポラス、みずほ不動産販売、三井住友トラスト不動産、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネット、三菱UFJ不動産販売、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ミニミニ、明和地所、夢真ホールディングス

教員リスト

■教授

小川清一郎(民法)/斎藤千尋(都市空間設計)/周藤利一(土地法、比較法政策)/中城康彦(不動産経営計画、不動産鑑定評価)/中村喜久夫(不動産取引関係法)/浜島裕美(民法、環境法)/表 明榮(GIS、基盤施設計画)/山本 卓(財務会計)

 

■准教授

兼重賢太郎(法社会学、都市計画法)/小杉 学(集合住宅管理、都市計画)/小松広明(不動産ファイナンス)/宅間文夫(都市経済学、地域経済学)/原野 啓(都市経済学)/藤木亮介(建築保全、マンション学)/前島彩子(建築構法)

 

■講師

劉 一辰(都市計画、建築史)

 

■特任准教授

石川秀才(不動産取引関係法)/竹迫守夫(不動産取引関係法)/塚原光顕(建築設計)

 

[共通科目(人間力形成教育)担当教員]

■教授

杉浦雄策(運動生理学)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。