多言語コミュニケーションセンター

多言語コミュニケーションの学び

明海大学では母語と複数の外国語(英語・中国語及び諸言語)を効果的に運用する力を養うと同時に、外国人教員や留学生と交流し、複数の文化に触れることで、真のグローバル精神を持った人材を育成しています。その中心的な役割を担う「多言語コミュニケーションセンター」には、深い学識と言語教育の豊かな経験を持つ教員が多数在籍。授業や研修、MLACCの各言語ゾーンでの諸活動を行っています。

外国語の学修

聴く・話す・読む・書く力をつけるための活動や、各言語に関係する外部資格・検定試験対策のワークショップなども開催。日本語、英語、中国語の言語ゾーンでは、各言語を母語とするネイティブ・スピーカーをはじめ、教員や外国人留学生と学内でいつでも国際交流を体験できます。

 

外国語でグループワーク

MLACCでは机と椅子を自由に配置し、ホワイトボードとプロジェクターを活用することで、さまざまなグループワークやプレゼンテーションに対応可能。世界各国の外国人留学生が在籍し、異なる言語と文化が行き交う明海大学ならではの、あらゆるシーンを想定した施設です。

 

異文化交流

MLACCは「個別言語や個別文化を超えた学びの場」として、言語・文化横断的な活動も展開されます。各言語ゾーンをつなぐRoji 路地)と呼ばれるスペースにはソファやスツールなどが置かれていて、在学生同士、又は教員と在学生による自由な語らいの場として利用できます。

教員リスト

■教授

Patrizia Hayashi

 

■准教授

Tyson Rode

 

■講師

池田 聖子/德田 恵/Benjamin Maynard/David Phillips/Pierre Allec/Timothy Kleisinger/周 威兵

 

■助教

高柳 奈月/中部 直之/Marisa Lucian/Robert Moriarty/山岸 宏明