外国語学部日本語学科

日本を学び、世界を知る。そして、社会へ――。

日本を取り巻く言語環境は多様化の一途をたどり、多言語社会を形成しつつあります。

それに伴って、社会の人材ニーズも変容しています。

日本語学科では、生きる力の基盤となる教養力と、日本語・英語・中国語の運用能力を身につけること、日本語と日本文化に精通すること、周辺諸国の言語・文化・社会を理解することに力点を置いています。

グロ ーバル・スタディーズ専攻(GSM)では、外国語とビジネス関連の科目を中心に学修します。

日本語専攻(JLM)では、日本語教育と国語教育を中心に学修し、日本語と日本文化を深く探究します。

日本語学科の特色

1 グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と日本語専攻(JLM)を設置

GSMは日本語、英語、中国語を修得し、日本と周辺諸国の文化・経済を学習。JLMは日本語教育の学修と国内外の教育実習を経て、日本語と日本文化を教える日本語教師と国語科教員を育成します。

2 4年間一貫少人数必修ゼミで一人ひとりをバックアップ

1年次:フレッシュパーソンセミナー、2年次:課題探求セミナー、3年次:専門領域研究講座、4年次:卒業研究と4年間一貫の必修ゼミによるきめ細やかな少人数指導で、学生をサポートします。

3 特徴ある進級要件

3年次進級時に日本語検定3級程度に相当する日本語運用能力が求められます。運用能力の修得だけでなく、日々変化する日本語の姿を把握しつつ、教育やビジネスに活かすことが目的です。

4 海外留学、海外研修、インターンシップ、ボランティア活動

GSMでは、海外留学、海外研修、国内外でのインターンシップやボランティア活動のいずれかが必須です。異文化理解を実体験し、グローバル社会を生き抜く力を養います。

カリキュラム

ピックアップ科目

日本語教授法

日本語教師に求められる資質・能力を養う

グローバル化する世の中を見据えて、さまざまな学習目的、あらゆる学習者に対応した日本語教育を行うための教授法を学びます。また、日本語教育を取り巻く環境に関心をもって、洞察する力、自己省察能力、他者と協働する力を育成します。

教員メッセージ

実践の場が豊富に約束された学びの環境のもと
多文化への理解力まではぐくめます
 
田川 麻央 講師

グローバル化が進展し、地球規模で人々の移動と交流が進む中、日本語学習者は増加の一途。日本語・日本文化を教える日本語教師の役割はますます注目を集めています。さまざまな国の外国人留学生が在籍する明海大学では、授業はもちろん、学生間の日常的な触れ合いを通して、修得した学習内容を検証する機会にあふれています。日本語学科の授業の特色は全員参加型。日本語の特徴を分析したり、日本語が母語の教員と、そうでない教員が日本語を教えるそれぞれの利点を討論したりするなど、学生が主体的に考えられるところにあります。日本語を深く学ぶとともに、他者=多文化を理解し、時代が必要とする人材をめざしましょう。いろいろなことに好奇心と興味を持って、問題意識を忘れずに積極的に研鑽を積んでください。

在学生体験談

当たり前に使っている日本語を
“科学する”面白さにめざめました

本学科を選んだ理由は?

正確な日本語を話したい。日本語をより深く研究したいと希望して入学。また、明海大学はクラブ活動が盛んで、高校から続けているヨット部でのキャリアを進学後も積んでいけることも入学を決める重要な要素に。日本語学科は“文武両道”が実現できる環境が整っていると思います。

 

明海大学で成長できたことは?

改めて日本語を学び直すと、発音や長音の法則など複雑な言語であることを再認識。グループワークではリーダー的な役割を担うことが増え、人間的な成長を感じています。進級要件である日本語検定3級に合格したことで勉強に自信が持てるようになりました。

 

秋岡 なおみ さん
外国語学部 日本語学科3年
(兵庫県立 芦屋高等学校 出身)

資格

日本語教育能力検定試験

日本語教師になるために必要な知識・能力が基礎的水準に達しているかどうかを検定する試験が日本語教育能力検定試験です。日本語学校などへの就職に有利といわれ、合格率20%台という難関資格の1つです。日本語学科では、「日本語教授法」などの授業をはじめ、受験指導に力を入れる検定試験対策授業を開講し、年2回の模擬試験を独自に実施。将来、日本語教師をめざす人は在学中に検定試験に挑戦しましょう。

中学校教諭一種免許状(国語)
高等学校教諭一種免許状(国語)

日本語学科日本語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校及び高等学校の国語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

留学先:オーストラリア・シドニー ニューサウスウェールズ大学

海外だから知り得た日本語教授法
自らの生き方を見つめる機会にも

日本語学科ではアジア圏をはじめ、多数の外国人留学生が学んでおり、多様な価値観や異文化に触れたことが、オーストラリアへの留学を後押ししてくれました。成績優秀者の留学費用を大学が全額負担してくれる支援制度は、語学学習に打ち込む励みにも。留学に向け春休みの英語集中講座を受講し、ネイティブの先生から丁寧な指導を受けられたことで語学力が向上しました。留学先では日本語学習がどのように実施されているのかを実地で見聞できたことが、日本では学べない教授法を知る貴重な収穫でした。体得した多角的なものの見方、考え方を社会で活かしていきたいと決意しています。

 

佐藤 里奈 さん

外国語学部 日本語学科 20203月卒業

(千葉県立 袖ヶ浦高等学校 出身)

主な海外研修先(2019年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修・留学先 期間 人数

費用概算( )内は自己負担額概算

ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)

16日間

2人

54万円(全額大学負担)

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

進路

就職先:株式会社 マイナビ

サッカーのキャリアに磨きを
かけてくれたプレゼンの授業

1年次から学生グループでプレゼンテーションを軸に展開する授業が幾つもあり、人前で発表する経験を積んだことが面接試験で大いに力を発揮しました。就活時には業界分析やエントリーシートの作成の方法など、さまざまなアドバイスをくれる就活コーチが頼もしい味方でした。学業とともに、大学でも続けたサッカーで培った礼儀、コミュニケーションスキル、行動力、自己管理能力を活かして営業職を全うするつもりです。改めて就活を振り返ってみると、大学の就職支援の存在は大きなものがありました。妥協することなく、就活に取り組めたことに心から感謝しています。

 

柴﨑 晃志 さん

外国語学部 日本語学科 20203月卒業

(神奈川県立 瀬谷西高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]
国語科教員・日本語教員

我孫子二階堂高等学校、石岡市教育委員会、岩谷学園テクノビジネス横浜保育専門学校、京進ランゲージアカデミーOLJ校、国士舘高等学校、実践学園中学・高等学校、千葉県教育委員会、東京外語学園日本語学校、東京語文学院日本語センター、東方国際学院、ヒューマンアカデミー日本語学校、立志舎高等学校

民間企業など

アーネストワン、アニヴェルセル、ALSOK常駐警備、イオンフォレスト、IDOMIMSグループ、ABC Cooking Studio、エドウイン、オンワード樫山、カインズ、鹿島都市開発、近鉄不動産、クリエイト・レストランツ・ホールディングス、ケイ・ウノ、ココカラファイン、コネクシオ、サカイ引越センター、サマンサタバサジャパンリミテッド、サンルート、資生堂ジャパン、スギ薬局、スターツケアサービス、千疋屋総本店、大東建託、千葉県警察本部、トーヨーアサノ、東急リバブル、東京美装興業、東都自動車、東武宇都宮百貨店、東邦銀行、ニチイ学館、星野リゾート・マネジメント、明光ネットワークジャパン、ヤマダ電機、ユナイテッドアローズ、LIXILビバ、渡辺パイプ

教員リスト

■教授

荻原稚佳子(日本語教育、語用論)/片桐史尚(日本語教育、言語社会学)/木山三佳(日本語教育、第二言語習得論)/佐々木文彦(日本語学、言語変化)/中川 仁(日本語教育、言語学)

 

■准教授

田鍋桂子(日本語史、国語教育史)/西川寛之(日本語教育、日本語文法論)

 

■講師

田川麻央(日本語教育)/柳井まどか(日本近代文学)

 

[教職課程担当教員]

■教授

石鍋 浩(教員養成・教職課程)/大池公紀(教員養成・教職課程)/木内和夫(教員養成・教職課程)/坂本純一(教員養成・教職課程)/高野敬三(教員養成・教職課程)/百瀬美帆(英語科教育)

 

■准教授

金子義隆(英語科教育)/樋口倫子(教育心理学)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。