外国語学部英米語学科

英語による実践的なコミュニケーション能力の修得と、その能力の基盤となる言語的・文化的背景の理解、これが、英米語学科の基本的な教育目標です。

さらに、グローバル社会の進展を見据え、多言語能力(英語+日本語+中国語)と国際教養(諸外国の文化・社会・ビジネスに関する基礎知識)の涵養もめざします。

これらの目標を達成するため、英米語学科では、グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)という2 専攻を設け、学生それぞれの将来の希望や資質を踏まえた高度な専門教育を提供し、卒業後の進路の実現をめざします。

英米語学科の特色

1 グローバル・スタディーズ専攻(GSM)と英米語専攻(ELM)を設置

GSMは実践的英語力とビジネス思考力を修得し、グローバル企業などで活躍できる人材を育成。ELMは英語運用能力と異文化に関する知識を修得し、国内外の企業での活躍や英語科教員をめざします。

2 4年間一貫少人数必修ゼミで一人ひとりをバックアップ

1年次:フレッシュパーソンセミナー、2年次:課題探求セミナー、3年次:専門領域研究講座、4年次:卒業研究と、4年間一貫の必修ゼミによるきめ細やかな少人数指導で、学生をサポートします。

3 特徴ある進級要件

英語力が必須となる未来社会を見据え、GSMELMとも3年次進級時にCEFR Bレベル以上の英語力※が求められます。なお必修科目でレベル別の実践的授業があり、高い成果をあげています。

※英検、TOEFLiBT®TOEIC®L&R、その他スコアを参考にする場合があります。

4 学科独自の就職サポート

企業の第一線で働く社会人による講演会、人気業種へ就職した卒業生との懇談会や相談会、マナー講座など、就職に直結した学科独自の就職支援活動を行っています。

カリキュラム

ピックアップ科目

異文化コミュニケーション概論

文化とコミュニケーションの視点から過去を調べ、

現在を分析し、未来を予測する

 

異なった文化背景を持つ人々とのコミュニケーションにおいては、言語の問題に加えて、文化を背負ったさまざまな問題があります。これらの諸問題を認識し、異文化適応、異文化間交渉における紛争解決、多文化共生など、異文化への感受性とコミュニケーション能力を養います。

教員メッセージ

いかに速くよりも、いかに正確に
理解するかが、英語修得の王道です
 
菊地 翔太 講師

英米語学科では英文学をはじめ、国際関係論や地域研究など幅広い視野で英語にアプローチでき、多彩な教養を身につけることが可能です。その中で私の専門は「英語史」。約1500年の英語の歴史をひも解くとともに、例えばシェイクスピアの作品をテキストに用い、語句をじっくり味わいながら文章11つの構造をしっかり理解し、確かな読解力を磨くことに力を注ぎます。速く大まかに英文を把握するのではなく、時間をかけて辞書のすみずみまで活用して密度濃く学ぶことが英語を修得するベストな方法だと考えています。少人数クラスによる週6コマの濃密な英語授業と、奨学金制度が利用できる海外留学で、高度な英語運用能力とプラスαの知識を自らのものにし、未来を切り拓きましょう。

在学生体験談

英語を使おうとする意志が
スキルアップの推進力に

本学科を選んだ理由は?

海外旅行をした時、私の英語が現地で通じたことが嬉しくて語学を学ぼうと思いました。明海大学に入学を決めたのは、英語以外にも必修科目に第2外国語で中国語を選択できたから。英語、中国語を身につけて、将来は国際空港のグランドスタッフになるのが目標です。

 

明海大学で成長できたことは?

確実に語学力を伸ばせています。授業以外にも、English Onlyでネイティブ・スピーカーの先生が対応してくれるMPPECを活用。うまく話せなくても積極的に英語で発信する姿勢の大切さを学びました。今は実用英語技能検定1級と秘書技能検定2級以上の取得をめざしています。

 

千野田 優希 さん

外国語学部 英米語学科2

(千葉県立 磯辺高等学校 出身)

資格

実用英語技能検定(英検)・TOEIC®

高度な英語運用能力を効率的に修得するために、英米語学科ではさまざまな資格取得を推奨しています。中でも、実用英語技能検定とTOEIC®は、英語力向上のためだけでなく、海外留学や就職活動など、さまざまなシーンで求められます。「Preparation for TOEIC」というTOEIC®対策の授業やネイティブスピーカーとの英会話、留学制度などを積極的に活用し、多彩な資格取得をめざしましょう。

中学校教諭一種免許状(英語)
高等学校教諭一種免許状(英語)

英米語学科英米語専攻は教職課程を設置しており、所定の単位を修得することにより中学校及び高等学校の英語の教員免許状を取得することができます。教職課程の履修、教育実習、教員採用試験など、教職に関するさまざまな課題は、教職課程センターが一人ひとり丁寧にサポートします。

留学

留学先:アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
 
行き届いた留学支援制度をフルに活用し
未来への自信をアメリカでつかみました

成績優秀者は、留学費用を大学が全額負担してくれることがモチベーションの喚起になりました。事前サポートとして、留学経験のある先輩から現地の情報を得られる機会を設けていただけたほか、MLACCで語学学修にも努めました。留学先では英語力の差を埋めるために、毎朝、寮の自習室で勉強し、遅れをとらないように努力しました。次第に他国の留学生とも英語でディスカッションができるまでになり、語学力だけでなく、精神面も鍛えられました。当面の目標は、卒業までにTOEIC900点以上を獲得すること。将来は日本の伝統産業を海外に紹介するような、日本と世界をつなぐ仕事に就きたいと考えています。

 

岩田 光立 さん

外国語学部 英米語学科 4

(私立札幌静修高等学校 出身)

主な留学・研修先(2019年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修・留学先 期間 人数 費用概算( )内は自己負担額概算

セントラルフロリダ大学(アメリカ)★

8か月 0人

150万円

アルバータ大学(カナダ)

9か月

1人

175万円(135万円)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ)

22日間

10人

60万円(全額大学負担)

カンタベリー・クライストチャーチ大学(イギリス)

23日間 6人

56万円(36万円)

シーキューユニバーシティ(オーストラリア)

28日間 5人

70万円(42万円)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。 ※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、留学・研修先の航空運賃、為替相場などによって変動します。

★交換留学は留学先での授業料が免除されるため、明海大学からの奨学金の支給はありません。

進路

就職先:トヨタカローラ千葉 株式会社
 
クルマを提案する中で、快適な
ライフスタイルをお客様と一緒に考えたい

クルマ好きの父親のもとで育ったので、自動車業界に就職を決めたのは必然だったのかも知れません。就活の頼りになるからと先輩に勧められ、3年次に「キャリアデザイン」の授業を選択したことで、企業研究や自己分析に対する不安がなくなりました。複数のカーディーラーでのインターンシップに参加するとともに、就職を支援してくれるキャリアサポートセンターも大いに活用しました。スタッフの方が親身にサポートしてくれたことで「一人じゃない!」と感じられ、とても心強かったです。入社後は、自動車の販売を通して、お客様の快適なライフスタイルを創造するお手伝いができる営業職を追求していきます。

 

高木 直 さん

外国語学部 英米語学科 20203月卒業

(千葉県立 犢橋高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

青山商事、市川市役所、エイチ・アイ・エス、ANAエアポートサービス、ANAスカイビルサービス、ANA成田エアポートサービス、カネボウ化粧品販売、GINZA SIXリテールマネジメント、近鉄不動産、空港ターミナルサービス、警視庁、コストコホールセールジャパン、サマンサタバサジャパンリミテッド、ジェイアール東海パッセンジャーズ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、資生堂ジャパン、JALスカイ、JALナビア、春秋航空、スカイマーク、スターツコーポレーション、住友生命保険、生活協同組合コープみらい、袖ケ浦市教育委員会、タペストリー・ジャパン、千葉県教育委員会、千葉興業銀行、千葉信用金庫、DTS、東急レクリエーション、東京都教育委員会、東天紅、東武トップツアーズ、十日町市役所、成田市役所、日本郵便、日本生命保険、Peach、韓進インターナショナルジャパン、日比谷花壇、富士通、防衛省 陸上自衛隊、みずほフィナンシャルグループ、三越伊勢丹、モンクレールジャパン、ヤフー、ユナイテッドアローズ、楽天、リゾートトラスト、ロクシタンジャポン

教員リスト

教授
河原伸一(産業翻訳論、国際関係論)/ 小谷哲男(国際政治学)/ 小林裕子(司法通訳研究)/ 嶋田珠巳(英語学、言語学)/ 高田智子(英語教育学)/ 津留﨑毅(英語学、言語学)
 
准教授
Keiko Nakamura
(言語心理学)/ 川成美香(社会言語学)/ 原 和也(異文化コミュニケーション)/ 松井順子(英語音声学、言語学)

 

講師
菊地翔太
(英語史、歴史社会言語学)/ 熊谷学而(言語学、音声学)/ 濱田 彰(英語教育、第二言語習得)/ 前田隆子(英語教育学)
 
[教職課程担当教員]
教授
石鍋 浩(教員養成・教職課程)/ 大池公紀(教員養成・教職課程)/ 木内和夫(教員養成・教職課程)/ 坂本純一(教員養成・教職課程)/ 高野敬三(教員養成・教職課程)/ 百瀬美帆(英語科教育)

 

准教授
金子義隆(英語科教育)/ 樋口倫子(教育心理学)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。

英米ジャーナル

英米語学科の活動報告誌「英米ジャーナル」では、ゼミ紹介や海外英語研修、インターンシップ、国内・海外ボランティア、暗唱・スピーチコンテスト、就職活動等について、学生が自らの活動体験を綴っています。また、社会で活躍する卒業生からの寄稿も充実しています。

英米語学科パンフレット

カリキュラムや海外研修・留学制度、キャリアサポート制度など、学科の特色がまとまったパンフレットです。

また、海外研修参加者や就職内定者の体験談も掲載されています。