経済学部経済学科

経済学科では、大学で学んだ知識( 総合力としての経済学)を将来の進路・場面に応じて実践的に使いこなし、自分自身に役立てるようにする「理論と実学の融合」を教育目標として掲げています。社会常識・経済学の基礎となる地域社会から国際社会までの幅広い教養と、公共政策・金融・経営・会計・財務など各分野の高度な能力を兼ね備えた、現代グローバル経済社会を力強く生き抜くビジネスパーソンを育成します。

経済学科の特色

1 目標進路別の履修モデル制

現代ビジネス社会において必要不可欠な実践的知識と能力を育成するため、1年次より目標進路別に7つの履修モデルを用意し、コア科目( 必修科目)、基礎科目、発展科目を計画的・段階的に学ぶことにより、高度な専門能力の養成を図ります。

2 4 年間一貫少人数必修ゼミ

1年次:フレッシュパーソンゼミ、2年次:プレゼミ、34年次:専門ゼミ12と必修ゼミ設置。東北復興インターンシップなどの就業体験、市民活動ボランティアといった体験プログラムもあります。

3 成果を測る進級要件

3年次進級要件として経済学検定試験『ERE ミクロ・マクロ』Bレベル以上などの取得が必要なため、直前講座や個人指導などのサポートを実施。ほかの資格取得対策の授業や講座も多数用意しています。

4 キャリア講座などで就職力を強化

「キャリア講座」を開設。MOS( マイクロソフト オフィス スペシャリスト)や秘書検定講座といった資格取得対策講座をはじめ国際理解、地域貢献、体験学習などのプログラムで就職力を高めます。

7つの履修モデル

実践軸\学術軸 経済学 経営学 会計学
コミュニティ

●公と私をつなぐ科目を履修

・各種コミュニティ活動を先導

●起業に関連する科目を履修

●コミュニティのニーズに応える事
業を主導

●会計学の中核科目を履修

●会計・経理分野で経済活動を主導

グローバル

●世界経済を俯瞰する科目を履修

●国境に縛られない経済活動を主導

●グローバルビジネス関連科目を履修

●国際的に活動する企業の中核人材

データサイエンス

●経済データ解析科目を履修

●データ解析力を活かして新時代を開拓

●経営学の中核科目を履修

●最先端の経営データ分析を先導

カリキュラム

ピックアップ科目

経営戦略論

事業戦略と全社戦略

企業の経営を支える理論と知識を身につける

 

企業が存続するためには、外部環境と内部の資源や能力をうまく適合させなければなりません。このための長期的な道すじを示したものが、経営戦略です。個別の事業を対象とする事業戦略(競争戦略)と、複数の事業の編成を対象とする全社戦略、それぞれについて体系的で実践的な知識を身につけます。

教員メッセージ

新学修体系「7つの履修モデル制」が開く、
世界経済への扉。
 
影山 純二 教授

2021年度より本学部では、経済学、経営学、会計学の3分野から1つを選び、コミュニティ、グローバル、データサイエンスの3つの実践分野に活かす「7つの履修モデル制」がスタートしました。「経済学×データ分析」であれば最先端の価格理論と社会への応用力が、「経営学×コミュニティ」であれば起業に必要な知識が身につき、「会計学」中心の勉強は経理関係の就職への近道となります。いずれのモデルも経験豊富な講師陣が個性的なカリキュラムを組み、海外研修やインターンシップ、資格取得に向けたサポートも多数用意されています。私のゼミでは行動経済学に基づく幸福度研究などを取り上げますが、根底にあるのは経済を通じて将来を創造し、社会に貢献すること。それは本学部の社会的役割だとも思っています。

在学生インタビュー

いまの環境を有意義に活用しながら将来に備え、資格取得に邁進。

 

現在は専門科目で「キャリア講座」「税務会計論」「財務会計論」を学んでいます。経済の流れだけでなく、税理士や公認会計士の資格をもつ先生から実務ベースの話が伺えるのはとても参考になります。新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン授業が開始されましたが、わかりやすいシステムを構築していただき、直接先生とメッセージがやり取りできるなど、対面授業とは違った良さも発見しました。提出課題を作成するWordやExcelのスキルも向上し、環境の変化を前向きに捉えてがんばっています。まずは日商簿記2級とファイナンシャル・プランナー試験に合格し、将来は資格を活かした仕事に就きたいと思っています。

 

鍋谷 早織さん

経済学部 経済学科4年(私立 千葉敬愛高等学校 出身)

資格

国家公務員・地方公務員試験

国や地域行政を支える公務員は、人気が高い目標進路の1つ。経済学科では国家公務員や地方公務員など、難関公務員上級職をめざす学生向けに進路に直結したプロジェクトを実施しています。公務員になるためには採用試験に合格するための幅広い知識を修得することはもちろん、公務員に求められる資質も身につけなければなりません。「公務員講座」「ミクロ・マクロ経済学」などの授業を組み合わせて受講すれば、高度な経済学関連の専門知識からリーダーシップ、心構えまで幅広く身につけることができます。また、公務員をめざす学生たちのサークルもあり、積極的に活動しています。ぜひ加入して、夢をかなえましょう。

留学

語学力を一層高める、研修前後の特別カリキュラム。

 

オーストラリアでは日本とは異なる文化や街並みに触れ、グレートバリアリーフでのシュノーケリングやホームステイなどを体験しました。研修前に会話の基礎などを学び、自分でも単語とリスニングに力を入れ、少しでも英語に慣れることを意識して準備しました。現地の先生は授業以外にも帯同してくださり、実践的な授業やゲーム形式の授業を通じ、自然に語学力を高めることができました。研修後に受けた約3 週間の事後学習カリキュラムも、TOEIC®対策としてとても役立ちました。

 

斎藤 優介さん

留学先:シーキューユニバーシティ( オーストラリア)

経済学部 経済学科 2021年3月卒業(私立 東京学館高等学校 出身)

主な海外研修先(2019年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修・留学先 期間 人数

費用概算( )内は自己負担額概算

シーキューユニバーシティ

(オーストラリア)

22日間 13人

50万円(全額大学負坦)

シンガポール 6日間 13人

19万円(12万円)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。

※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

就職

早くから金融業界に絞って活動し、地元の銀行へ。
 
就職先:千葉興業銀行

早くから金融業界の就職をイメージしていたため、2年次のときに先輩とともに、「野村證券の5daysインターンシップ」に参加しました。社員同様の通勤や帰ってからの発表準備は、当時の私にはハードな体験でしたが、就職活動の意識を早くからもつきっかけになりました。また、日商簿記の資格取得や大型テーマパークでの接客アルバイト経験も、アピールポイントになりました。3年次のキャリアデザインを受講すると一人ひとりに就活コーチがつくため、毎週面談をしてもらいました。エントリーシートの書き方や面接対策などのアドバイスはもちろん、話すだけでも心の支えになり、ありがたかったです。「粘り強く、何事も最後までやり遂げる」という強みを活かし、地方銀行の銀行員として活躍したいと考えています。

 

山下 紗希さん

経済学部 経済学科2021年3月卒業(千葉県立船橋啓明高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

浦安市消防本部/エイチ・アイ・エス/岡三証券グループ/兼松サステック/警視庁/京成バス/サマンサタバサジャパンリミテッド/ザラ・ジャパン/資生堂ジャパン/JALナビア/スターツコーポレーション/スタジオアリス/住友不動産販売/センコー/綜合警備保障/ソーダニッカ/そごう・西武/ZOZO/第一会計コンサルタント/大東銀行/大東建託/田中商事/千葉県警察本部/千葉興業銀行/千葉トヨタ自動車/千葉マツダ/東京東信用金庫/東洋証券/東洋水産/鳥取県庁/西尾レントオール/日医工/日本郵便/日本航空/日本マクドナルド/野村證券/バンダイナムコアミューズメント/東日本旅客鉄道(JR東日本)/ビバホーム/日比谷花壇/ファミリーマート/フォーカスシステムズ/富士電機/ブリヂストン/防衛省自衛隊/鉾田市役所/マイナビ/みずほフィナンシャルグループ/ヤマダホールディングス/ワコール

教員リスト

■教授

池田 晋(財務会計論)/ 影山純二(マクロ経済学)/ 軍司裕昭(東洋経済史)/ 佐々木康史(ミクロ経済学)/ 下田直樹(社会保障論)/髙橋義明(行動経済学)/ 寺村絵里子(人的資源管理論)/ 中平千彦(応用マクロ経済学)/ 原 孝公(税法)/ 廣部恒忠(経済数学、計量経済学)

 

■准教授

大石隆介(ミクロ経済学、金融論)/ 岡村龍輝(経営戦略論)/ 小黒曜子(国際金融論)/ 嶋根政充(経営管理論、人的資源管理論)/ 友利厚夫(上級ミクロ経済学)/ 永井攻治(経済学概論、公共政策)/ 中澤栄一(国際経済学、計量経済学)/ 宮﨑礼二(アメリカ経済論)/ 吉田 敦(日本経済史、データサイエンス)

 

■講師

鬼塚雄大(管理会計論)/ 蟹澤啓輔(財政学)/ 黄 耀偉(国際会計)/ 小谷恵子(マーケティング論)/ 山田麻以(ミクロ経済学)/ 萩原里紗(労働経済論、統計学)

 

■特任准教授

ー川晴夫(ファイナンシャル・プランナー)

 

[共通科目(人間力形成教育)担当教員]

■教授

新井 啓(ファイナンス)/ 矢島ますみ( スポーツ社会学、舞踊教育学)

 

■准教授

中島達洋(数学〈表現論・代数的組合せ論〉)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。